コウモリが怖い!庭から鳴き声が。対処法は?駆除方法をしっかりご紹介

夕方時になると、コウモリが飛んでいるところを見たことがある方も少なくないかと思います。その際の鳴き声や、飛ぶ速さから恐怖心を抱いたことがある人も少なくないかと思います。
コウモリは普段であれば、洞窟や山の中に住んでいるイメージですが案外、皆様の近くに潜んでいます。もしそんなコウモリが自宅に巣をつくってしまい、自宅の庭周辺を飛んでいるところや、自宅の天井裏に潜んでいると考えたらぞっとしますよね。
今回の記事では、自宅にコウモリが発生した時の対処法までをしっかりとご紹介をしていきます。

コウモリは一体どこから自宅に侵入をする?

コウモリが自宅に侵入してくる経路は主に以下の通りです。

  • 通風口、換気口

コウモリは屋内の天井裏と屋根裏の空気の入れ替えのために存在をしている、換気口から侵入をしてくることがあります。主な原因としては、換気口に取り付けられている、網が破れていたりした場合には、コウモリはそこから住宅に侵入を行ってきます。

  • エアコンの配管スペース

エアコンと室外機を繋ぐためのパイプを通す穴をあけることがほとんどですが、その穴の大きさが異常に大きくフィットをしていない場合には、その隙間からコウモリが自宅に侵入をしてくることもあります。

集合住宅のマンションやアパートの場合においては、窓から侵入されているケースも少なくありません。

コウモリは寒さに弱いとされているために、住宅の屋根裏や天井裏、またビルの中などに住み着き、巣をつくる傾向にあります。またコウモリは、雨風を苦手としているために、雨風をしのげる場所に巣をつくる傾向にあります。
もし、室内からコウモリの鳴き声が聞こえてきた場合には、コウモリが住み着いているのではないかと疑い、プロの専門的な業者に相談をすることが良いかと思います。

 

どうしてコウモリを怖いと感じるのか?

我々がコウモリを怖いと感じることには、明確な理由があります。それは、コウモリが菌を媒介して我々を病気にする可能性を持っているためです。海外の事例だと、コウモリに噛まれ、狂犬病に感染をし、死亡したという事例も報告をされています。
今現在の日本では、コウモリから狂犬病ウイルスが見つかる可能性は非常に低いということができますが、必要以上の接触は避けたほうが良いということができるでしょう。

ここまでで、コウモリがどうやって自宅に侵入をしてくるのか、またコウモリの恐ろしさをご説明してきました。

次に、コウモリが自宅に現れた際の対処法、また、コウモリを家に侵入させないための対策法を詳しく述べていきたいと思います。

 

コウモリが家に現れた際の対処法は?

家に急に現れたコウモリ。非常に怖い存在で張りますが、駆除をするために殺すことはできません。なぜかというと、コウモリは鳥獣保護法の対象となっているために、勝手に毒餌を食べさせたりと殺すことが認められていないのです。
ですので、コウモリを見つけた際には、殺すのではなく、自宅から逃がしてあげるようにしましょう。

コウモリを自宅から逃がす方法1:市販の商品を使用する

最近では、通販やホームセンターでコウモリが嫌うニオイを発する商品が売られています。値段も1,000円程度とあまり高くないものが多いので、これらの商品を使用して、自宅からコウモリを逃がしてあげましょう。また、コウモリは夜行性であるために、スプレーや煙の使用を行う際には、夜間に行うようにしましょう。
また、コウモリを追い出す際には安全に気を付けるために、手袋を装着し、上下長袖長ズボンを着用し、比較的コウモリと接触をしないような服装で取り掛かるようにしましょう。

では次に、コウモリを自宅に寄せ付けないようにするために、できる対策方法を記述をしていきます。

コウモリの対策法

一度自宅にコウモリがいたことが分かると、その後、戻ってくるのではないかと不安になりますよね。
コウモリが戻ってこないようにするためには、コウモリの侵入経路をしっかりと突き止めて、ヒビや、亀裂、隙間などがあった際にはその隙間をしっかりと修復をすることが重要になります。もし、隙間の位置が分からない際などは、専門的な業者に依頼を行い、どこから侵入をしてきたのかをしっかりと突き詰めるようにしましょう。
また、巣があった際には、コウモリがフンをしている可能性も非常に高いです。コウモリのフンにも、コウモリと同様に非常に危険な筋が潜んでいる可能性があります。フンの掃除をする際には、確実にマスク・ゴーグル・手袋を着用し、体内に粉塵を吸い込んでしまわないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。突然家の中にコウモリが現れたら、あまりの恐怖にどうしていいかわからず咄嗟の判断が出来なくなってしまいますよね。その前にしっかりと対策法を知っていると、安心して過ごすことが出来そうですね。より安心するためには、定期的にプロの専門業者に点検を依頼することで、住宅をチェックしてもらうことができます。